調査依頼から調査報告までの流れ

ご存知ですか?探偵業

調査が難しい場合

調査の壁

先の探偵業法による業務の定義にあたらなくとも、調査が難しくなる場合があります。
調査における業務の中には、調査の対象となる人のプライバシー権にふれるようなケースも少なからずあります。
調査の中でその人のプライバシー権にふれる可能性があれば調査できなくなるということもおぼえておいていいと思います。

似たようなケースとしては、浮気の調査などは、上のような例に近いものですが、浮気の証拠を得るという正当な目的があるので、正当な調査とみなされます。
そこは依頼案件によりケースバイケースとも言え、正当なのかそうでないのかの判断は、とても難しいと思いますので、探偵事務所の相談員に面談で相談してみるのがいいのではないでしょうか。

優良な業者選びを

先のプライバシー権にふれる問題にも関わりますが、調査業務とは探偵業法により規定されているものの非常に判断が難しい場合も存在します。
それらのリスクも含めて、探偵業法を遵守して、事前に説明してくれる探偵事務所はやはり信用できる業者だと思います。

不法侵入や恐喝、盗聴などはもちろん違法行為であり、それを知って依頼してしまえば依頼者でも違法性を問われることになります。
違法な調査などで責任を負うのは探偵事務所ですが、先のプライバシー権などのケースもあり、事前に確認しておくことはとても重要です。
探偵事務所にもさまざまな業者がいるので、大事な情報を提供することにもあり、探偵業者の選択には十分な調査を行ってください。


この記事をシェアする